2018年 6月 22日 (金)

「スターバックス」育ての親、ハワード・シュルツ会長退任へ

印刷

   米コーヒーチェーン大手スターバックスは2018年6月4日、ハワード・シュルツ会長(64)が26日付で退任すると発表した。退任後は名誉会長の役職に就くという。

   シュルツ氏は1982年にスターバックスコーヒーに入社。87年に独立し同社を買収、社名をスターバックスとした。その後、最高経営責任者(CEO)と会長として約30年にわたりスターバックスを牽引し、世界77か国、店舗数2万8000店の大企業へ育てた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中