2018年 10月 16日 (火)

元シュガー・ベイブで翻訳家、寺尾次郎さん逝く 旧友・佐野元春も追悼

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   シュガー・ベイブのベーシストや、映画字幕の翻訳家として活躍した寺尾次郎さんが2018年6月6日、亡くなった。長女でミュージシャン、文筆家として活動する寺尾紗穂さんがツイッターで報告した。

   ネット上では、次々と悲しみの声が集まっている。

  • 6月6日に投稿された寺尾紗穂さんのツイートより(一部加工)
    6月6日に投稿された寺尾紗穂さんのツイートより(一部加工)

ナイアガラからヌーベルバーグまで

   寺尾さんは、佐野元春さんのアマチュア時代のバンドにベーシストとして活動を共にした。その後、1975年に山下達郎さんや大貫妙子さんらが所属したバンド「シュガー・ベイブ」にベーシストとして加わる。バンド解散後は、シュガー・ベイブが所属した「ナイアガラ・レーベル」の主宰・大滝詠一さんのソロ作品にもベーシストとして関わり「ナイアガラ・ムーンがまた輝けば」などの録音に参加している。

   1980年代からはフランス映画を中心に、映画字幕の翻訳家として活動を開始し、ジャン=リュック・ゴダール作品の翻訳を多く手掛けた。

   また、竹内まりやさんの楽曲「幸せの探し方」のフランス語歌詞の作詞でも知られる。

映画ファンからも悲しみの声

   訃報に悲しみの声が上がっており、アマチュア時代活動を共にしたシンガーソングライターの佐野元春さんはフェイスブックで、

「寺尾次郎氏が亡くなられた。お悔やみ申し上げます。アマチュアの頃バンドで一緒だった。素晴らしいベーシストであり、ゴダール映画の優れた字幕翻訳者だった。」

と投稿した。

   一般のユーザーからも、

「寺尾次郎さんの字幕で、これまでたくさんのフランス映画を観た。楽しい時間をありがとうございました。」
「寺尾次郎さんの手掛けた作品はいつも安心してその作品を味わうことができて、大好きでした。」

などの反応があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中