2021年 4月 13日 (火)

是枝監督が会見 「安倍批判」騒動にも「個人的にはすごく前向き」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   カンヌ国際映画祭で日本映画として21年ぶりに最高賞「パルムドール」に輝いた是枝裕和監督が2018年6月6日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。

   安倍首相は日本人が国外で表彰された際はすぐにお祝いの電話をかけるが、是枝氏にはしなかった。これを「是枝氏が政治を非難してきた」からだと仏紙が報じ、一部では政権批判につなげる向きもあった。是枝氏はこういったことを念頭に、「多くの人のところに届いていると、個人的にはすごく前向きにとらえている」と話したものの、観客として政治家や官僚を念頭に置いていたか、という質問には「ありませんでした」と断言。代わりに、是枝氏が挙げたのは、取材先の児童養護施設で絵本の「スイミー」を朗読してくれた女の子だった。

  • 日本外国特派員協会で会見した是枝裕和監督
    日本外国特派員協会で会見した是枝裕和監督
  • 日本外国特派員協会で会見した是枝裕和監督

「普段映画について語らない人も、この映画について語る状況」

   受賞作「万引き家族」(6月8日公開)は、高層マンションの谷間に取り残された、今にも壊れそうな一軒家を舞台に、家族としての日常を守るためにウソや万引きを重ねていく人々の日々を描く内容だ。仏フィガロ紙は5月21日、「日本政府が困惑」の見出しで、安倍氏が是枝氏にお祝いの電話をかけないことを指摘し、その背景を

「正当な理由で、是枝氏は自らの映画やインタビューで、絶えず政治を批判してきた」

などと分析した。

   是枝氏は

「現地(カンヌ)では日本の貧困問題について意見や質問が相次いだ」

という指摘に対して、

「僕自身は、それほどこの映画が社会的、政治的問題を喚起するようなことを目的として作品を作っていないので、そのようなリアクションが起こるとは思っていなかった」

と話したが、別の質問に対する答えでは

「ここ2作、自分の中で少し(家族の問題を掘り下げる)ファミリードラマにピリオドを打って、社会性、現在の日本が抱えている問題の上に家族を置いてみて、そことの接点をどういう風に描くか、そこで起きる摩擦にどう目を向けてみるか、ということをやってみたいと思って作品を作った」

とも。さらに、フィガロ紙をめぐる騒動を念頭に置いたのか、

「21年ぶりでパルムドールということもあって、多分僕が思っていた以上に、この映画がいろんな場所で取り上げられて、普段映画について語らない人も、この映画について語る状況が今、起きている。一部で、僕と僕の映画が物議をかもしているような状況にもなっているんですけれども、まあ、この映画が、通常の1本の映画が公開されて、劇場で見られていくという通常の枠を超えて、多くの人のところに届いているんだなという風に、個人的にはすごく前向きにとらえてるんですけど...」

などと話し、会場からは拍手が起こった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中