2018年 6月 20日 (水)

エンゼルス大谷、5回途中降板 右手のまめが原因か

印刷

   米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(23)は、本拠地アナハイムでのロイヤルズ戦に2018年6月6日(現地時間)、先発登板し、4回4安打1失点、勝敗は付かなかった。チームは4対3で勝利した。

   大谷選手は、5回のマウンドに上がったが、ソーシア監督が近づき降板を告げた。何らかのアクシデントがあったと思われ、右手にまめができたとの情報もある。4月17日のレッドソックス戦でも、右手中指のまめで2回で交代している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中