2020年 1月 19日 (日)

「虫苦手」開発者が「ダンゴムシ玩具」を作るまで 図鑑買うも「気持ち悪くなるので...」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   本を読んでいると「ダンゴムシの裏側の画像がたくさん出てきて、気持ち悪くなった」――。

   そう答えるのは、バンダイの新作カプセルトイ『だんごむし』の開発担当者だ。全長140ミリの巨大なダンゴムシのおもちゃを作り上げた男は、意外にも「柔らか系の虫は全般的に苦手」なのだという。

   製作に要した期間は、カプセルトイでは異例の2年だ。一体どのようにして、ニガテな虫と向き合ったのか。本人がこの2年間を振り返った。

  • カプセルトイ『だんごむし』(C)BANDAI
    カプセルトイ『だんごむし』(C)BANDAI
  • 丸めると…(C)BANDAI
    丸めると…(C)BANDAI

「虫の日」にリリース

   バンダイは2018年8月第5週、ダンゴムシを再現したカプセルトイ『だんごむし』を、全国のカプセル自販機で発売する。

   プレスリリースによると、いつの時代も多くの子どもたちを魅了してきた生き物・ダンゴムシと、むきだしの状態で出てくるカプセルトイ(カプセルレス玩具)を「融合」させた。世界初となるダンゴムシの1000%スケールモデルのカプセルレス玩具だ。

   丸めると直径約74ミリ、広げると全長140ミリ。「昆虫が苦手」な開発担当者が文献や図鑑を読み込み、ダンゴムシ特有の複雑な構造を徹底的に研究しながら、試作を重ねた。カプセルトイの製作期間としては異例の2年を経て、ダンゴムシが丸くなる様子を完全に再現した。

   バンダイが「虫の日」の6月4日、『だんごむし』のプレスリリースを発表すると、ツイッターのトレンド欄に「ダンゴムシ」が入るなど、インターネット上で大きな注目を集めることに。「無駄にリアルだなw」「カプセルケース抜きでこの状態で出てくるのォ...」といった声が寄せられた。

   中でも注目を集めたのが、「昆虫が苦手」な開発担当者だ。ダンゴムシは昆虫ではないので、どこまで苦手としているか分からない。それでも仮に、虫全般をニガテとしているのなら、2年間もダンゴムシと向き合う苦労は想像するにあまりあるに違いない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中