2018年 6月 23日 (土)

「本田はベンチで活きるタイプではない」 セルジオ越後の指摘めぐり賛否

印刷

   サッカー解説者のセルジオ越後さんが、パラグアイ戦に出場しなかったMF本田圭佑選手について「ベンチに置いて活きるタイプではない」と指摘し、ネット上で論議になっている。

   本田選手について、起用すべきではないとの声もサッカーファンらから多数上がっているからだ。

  • 本田圭佑選手(2018年6月撮影)
    本田圭佑選手(2018年6月撮影)

パラグアイ戦では、同様な結果を出した可能性を指摘

   「パラグアイに勝ったからって勘違いするな!」。サッカーダイジェストの2018年6月13日付配信記事で、セルジオさんのこんな刺激的な発言がタイトルに躍った。

   セルジオさんは、この記事で、4-2で勝利した前日の試合について、「理解してほしいのは、新チームに切り替わったばかりのパラグアイのレベルが相当に低かったということ」と、まず指摘した。「ワールドカップ初戦で当たるコロンビアと比べれば雲泥の差だ」として、「日本が強いのではなく、相手のパフォーマンスが酷かったことを肝に銘じなくてはいけない」と代表チームに忠告した。

   MF香川真司選手が挙げたダメ押しの4点目についても、「相手DFの対応はアマチュアチームのような緩さだった。あれで決められないほうがおかしいよ」と断じた。香川選手は、前回のスイス戦で途中出場したが、今回のようなプレーは見せられなかったと述べ、逆にスイス戦で先発した本田選手らがスタメン出場しても、同じような結果を出した可能性はあるとした。

   そのうえで、「トップ下は香川がアピールしたが、本田はベンチに置いて活きるタイプではない。西野監督は本田をメンバーに選んだ時点で、彼を先発で使うという考えを持っているはずだ」との見方を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中