2018年 7月 20日 (金)

女児の命奪った「危険ブロック塀」 「近づいてはいけない」その特徴は

印刷

   大阪府北部で2018年6月18日に発生した地震では、大阪・高槻市の寿栄小学校でプールの周辺にあるブロック塀が倒れ、通学中の小学生女児(9)が命を奪われた。

   なぜ、ブロック塀は倒れたのか。専門家の指摘によれば、この塀は建築基準法で定めている「控え壁」などの基準を満たしていなかった可能性がある。

  • 倒壊したブロック塀(画像はGoogleストリートビューより)
    倒壊したブロック塀(画像はGoogleストリートビューより)

建築基準法には細かい基準が...

   倒壊したのは、寿栄小学校のプールを取り囲む高さ3.5メートルの壁のうち、ブロック8段組みの1.6メートル分だ。長さは約40メートルにわたる。

   通学路にいた小学4年の女児が、倒壊した壁の下敷きに。緊急搬送され、死亡が確認された。

   これを受けて高槻市の濱田剛史市長は18日昼、記者会見を開いた。「倒壊により亡くなった児童の保護者に対して心からお悔やみを申し上げるとともに、死亡事故が発生したことを深くお詫び申し上げます」と頭を下げた。

   一体なぜ、ブロック塀は倒れたのか。「支えの壁」がなかった、と指摘するのは、構造品質保証研究所の五十嵐俊一代表。18日放送の「プライムニュース イブニング」(FNN)の取材に答えた。

   五十嵐氏は「非常に高いところにある。揺れが激しくなって落ちてしまったということ」とブロック塀の高さに言及。その上で「物が倒れるのを支えるのに一番いいのは直角方向。奥行きの方向に支えの壁があるといいんですけど、それがない」と話した。

   支えの壁とは、倒壊を防ぐため壁と直角になる向きに設置する「控え壁」のことだ。建築基準法では、長さ3.4メートル以下ごとに設置するよう基準を定めている。他にも、以下のような細かい基準がある。

・高さ2.2メートル以下とする
・壁の厚さは15センチ以上とする
・壁の内側には、直径9ミリ以上の鉄筋を縦横80センチ以下の間隔で配置する

   五十嵐氏は「それ(編注:控え壁)がないので、一枚の紙のようになってしまって、パタッと落ちてしまった」と指摘。「鉄筋が壁を一体化して、崩落を防ぐ力を発揮できなかった。原因としては、劣化して強度が落ちているか、あるいは工事の時に埋め込みが不足していた可能性も」とも説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中