2020年 1月 28日 (火)

大阪北部地震での大学ツイッターが話題に 「全日休講」連絡に沸き立つ学生へ批判も  

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   大阪北部地震が起きた2018年6月18日、近畿圏にキャンバスを置く大学では、授業実施か全日休講か、で対応が分かれた。

   大学側はツイッターで、授業に関する情報を随時流したが、全日休講になった大学では学生と思われるユーザーからもろ手を挙げた喜びのリツイートが相次いだ。

  • 「全日休講」がポイントとなった。
    「全日休講」がポイントとなった。

休講に「愛してる」

   京都市や京田辺市などにキャンパスを持つ同志社大学では、18日9時2分に、

「おはようございます。 皆さん、地震は大丈夫でしたでしょうか? 本日1、2講時は休講になります。慌てずに行動してください。」

と午前中だけ休講の連絡。すると、学生から批判が殺到した。

「全日休講が生徒の身を考えた時最も正しい判断かと思います」
「ふざけるな。どう考えても全日休講だろ」
「慌てずに行動させるつもりが少しでもあるならもっと早く公式情報を出してください」

   大学側は改めて10時36分に再度投稿、全日休講を連絡した。

   今度は、

「結婚しよ」
「愛してる」
「好き。酷いこと言ってごめんね」

など1時間30分前とは打って変わって好意的な意見が集中した。

   このやり取りのスクリーンショットがツイッターに投稿されたところ、6月19日昼現在、「リツイート」が3万件、「いいね」が7万5000件を記録している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中