2018年 7月 21日 (土)

本田圭佑にネット「今までゴメン」手のひら返し 大迫の「半端ない」決勝点アシスト

印刷

   4年越しの雪辱を果たす決勝ゴールは、これまで批判にさらされてきた本田圭佑のアシストから生まれた。

   2018年6月19日のロシア・ワールドカップ(W杯)初戦・コロンビア戦は、1-1で折り返した後半に本田のCKから大迫勇也が勝ち越しゴールを奪い、守り切った。

  • 大迫勇也の決勝点をアシストした本田圭佑
    大迫勇也の決勝点をアシストした本田圭佑

勝ち越し点に

   酒井宏樹のシュートがブロックされたことで、後半28分に獲得した日本のCK。キッカーは、前半に先制ゴールをあげた香川真司にかわって入った本田圭佑だった。

   左足から放たれたゴール前へのクロスボールは、中央で待っていた大迫勇也が相手複数人に囲まれながら、ヘディングで競り勝った。「半端ない」勝ち越し点につながった。

   殊勲のアシストの本田は、前回ブラジルW杯から何度も批判を浴び、不要論が唱えられてきた。全盛期ほどのキープ力や決定力を発揮できず、代表でのゴールも16年9月から2年近く遠ざかった。その本田が、最も重要な本大会の初戦に決勝弾を生み出した。

   バックパスがカットされ、相手チャンスにつながるミスもあったが、集中力を維持し続けたDF陣が連携を取り、カバー。チーム力でゴールを割らせなかった。

   W杯でアジア勢が南米の国を破るのは史上初。コロンビアはブラジルW杯で1-4の惨敗を喫した因縁の相手だが、4年越しの雪辱を果たした。本田はアシスト以外の場面でまずいプレーや、消える時間帯があったものの、結果をみれば2-1。勝利に直接貢献したのは間違いない。

   ツイッターでは

「ごめんよ本田。お前にコーナーでアシストできるとは思っていなかったよ。 ありがとう本田」
「本田が地味に仕事を全うしてる」
「ごめん本田△」
「本田すまんな。ほんとにすまんな」
「半端ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!! 本田今までごめん ありがとう」

といった声が数々投稿されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中