2018年 7月 16日 (月)

プロレスラーのビッグバン・ベイダー氏、肺炎で死去

印刷

   IWGPヘビー級王座などを獲得した米国のプロレスラー、ビッグバン・ベイダー(本名:レオン・ホワイト)氏が、2018年6月18日7時(現地時間)肺炎のため亡くなった。63歳だった。ベイダー氏のツイッターで発表された。

   米国のみならず、日本のマットでも活躍。超重量級のトップレスラーとして人気を得た。ツイッターによると、約1か月ほど前から重度の肺炎にかかり懸命に闘病を続けてきたという。一時は回復の兆しも見せたものの亡くなったとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中