2021年 9月 17日 (金)

甲子園、地震で「史上最少」観客数 それでもロッテ、オリの集客上回る

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球セ・パ交流戦の阪神タイガース対千葉ロッテマリーンズが2018年6月19日、阪神甲子園球場で行われた。その観客は2万4127人で、実数発表となった05年以降、甲子園球場で最少の人数となったと、6月20日の日刊スポーツ(8版)などが報じた。

   しかし、最少記録とはいえ、他チームと比較すると決して少ないとも言い切れない人数でもある。

  • 05年以降「最少」もなんのその?
    05年以降「最少」もなんのその?
  • 05年以降「最少」もなんのその?

稀に見る悪条件でも2万人超え

   試合が行われた6月19日の甲子園球場は悪天候、サッカー日本代表のロシア・ワールドカップ(W杯)・コロンビア戦が21時から行われ、前日には大阪北部地震が発生、さらに雨天中止による11日の振替と、悪条件が重なり記録された「最少」だった。これまでの最少記録は11年10月20日の対横浜戦で2万4688人。

   ツイッター上では、悪条件での試合に、「無理はしていただきたくないものです」など開催に疑問の声はあったが、観客が2万人以上入ったことに、驚きの声を上げる人や感嘆する人もいた。

   ジャーナリストの岩上安身さんは、

「たしかにスタンドは見た目にはガラガラなのだが、400年ぶりに震度6の地震に見舞われ、梅雨時で雨が降り、ドームではないからずぶ濡れ、さらにサッカーW杯で日本が南米相手に歴史的勝利。なのに阪神の試合に2万人以上の観客が詰めかけていることに驚愕。虎ファンに脱帽」

と、ツイッターに投稿。

   インターネット掲示板「5ちゃんねる」の「【野球】雨、W杯、地震重って...甲子園の阪神戦最少観客」というスレッドでも、反応があった。

「それでも2万4000入るのは流石と言わざるを得ない」
「平日、雨、W杯、地震で2万4688人(編注:2万4127人)って逆に凄いわw」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中