2018年 9月 22日 (土)

カカロニ菅谷、ゴール裏でセネガルシュートをヘディングクリア テレビから出演オファー殺到!

印刷

   サッカーW杯のセネガル戦で、ゴール裏にいた上半身裸の日本のサポーターが、セネガル選手の外れたシュートを見事なヘディングでクリアするシーンがテレビ中継に映った。

   一体誰なのかとネット上で話題になったが、それは、お笑い芸人だったと分かって注目を集めている。

  • 自らのヘディングクリアをアピール
    自らのヘディングクリアをアピール

上半身裸で、胸に青字で大きく「16強」とペイント

   1-1で迎えた後半、開始早々から日本は攻め込まれてピンチに見舞われる。後半6分、17番のパパ・アリウヌ・エンディアイエ選手が日本のゴール前でシュートを放った。ボールは、ゴールポストの上を越え、放物線を描いて観客席に飛び込む。

   その瞬間だった。裸の胸に青字で大きく「16強」とペイントしたサポーター男性が、身を乗り出したかと思うと、頭を振ってボールに合わせる。弾き返されたボールは、鋭く男性の右側に曲がって落ちて行った...。

   このシーンは、テレビ中継で流され、ツイッター上などでは、その反応の速さに驚きの声が上がった。

「ナイスクリア!!」
「あの人半端ないって」
「ヘディングで返した観客強すぎやろw」
「日本が一つになったよ」...

   一体誰なのかと関心が集まったが、すぐに分かった。本人がボディペインティングした姿をツイッター上などに投稿していたからだ。

   その正体は、お笑いコンビ「カカロニ」の菅谷直弘さん(27)だった。

   菅谷さんは、自分が話題になっているのに気づき、クリアした場所で雄叫びを上げる姿の写真をツイッターに投稿し、

「なんか僕のクリアーがバズってるみたいでありがとうございます!!」

とお礼を述べた。

「僕も気持ちは選手とともに闘ってました」

   菅谷直弘さんは、サポーターの1人として、ロシアに来ており、ツイッターやブログで観戦記を書いている。

   今回話題になったことを受けて、6月25日夕にブログを更新した。それによると、前回のコロンビア戦で相手のサポーターとユニホームを交換しており、セネガル戦に着るものがなくなってしまったため、ボディペインティングを考えたそうだ。

   ゴール裏でボールをクリアしたことについて、

「僕も気持ちは選手とともに闘ってました。身体はスタンドでも気持ちはピッチにあったんです」

と説明した。

「オッケェ!!!」

と叫んでからヘディングしたといい、

「ゴール裏で最終ラインやってしまいました。選手とともに闘ってたのでハンドは出ませんでしたね

と振り返っている。

   海外でも、クリア場面の動画が紹介されて反響があった。独ブンデスリーガのクラブ「レバークーゼン」からは、ツイッター上で「ぜひ会いに来て下さい」と呼びかけられ、菅谷さんは、「嬉しい!!」と喜んでいた。

   所属事務所グレープカンパニーのマネージャーは25日、J-CASTニュースの取材に対し、今回の話題でテレビや新聞から出演やインタビューのオファーが続々届いていることを明らかにした。

   菅谷さんは、サッカーを小学校時代から始め、獨協大学サッカー部に所属していたそうで、現在は、フットサルのアルバイトもしているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中