2019年 12月 14日 (土)

ポーランド、日本ファンは甘く見過ぎだ 楽観できない「2つのジンクス」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ(GL)第3戦で日本代表と戦うポーランド代表に「余裕で勝てる」と楽観論も出ているが、不気味なデータがいくつかある。

   優勝候補と目されていたポーランドはまさかのGL敗退が決定。第3戦は「消化試合」と化し、モチベーションが下がっているのでは、とも考えられている。だが、過去のポーランドの成績、そして「ポット1」の国のデータを見ると、易々と勝ち点3を献上してくれるとは言い難い。

  • 西野朗監督はGL突破がかかるポーランド戦でどのような采配を振るうのか
    西野朗監督はGL突破がかかるポーランド戦でどのような采配を振るうのか

「僕らはトライしたが何もできなかった」

   ポーランド(FIFAランク8位)はセネガル(同27位)に1-2、コロンビア(同16位)に0-3と連敗し、勝ち点はゼロ。日本(同61位)戦の結果を待たずにグループ3位以下が決まり、上位2国が進出できる決勝トーナメントに進めないことが確定した。

   コロンビア戦後の26日、地元メディア「ファクト24」は主将でエースのロベルト・レバンドフスキ選手のコメントを掲載。「僕らはトライしたが何もできなかった。多くのことが機能しなかった」とチームワークの悪さを指摘し、「世界のどこにも、5人の相手を抜き去り、ゴールキーパーもかわしてゴールできる選手はいない。僕は味方に使ってもらって生きる選手」と、自身が孤立状態にあることも吐露した。

   ガタガタのチーム状態に思えるが、「最後の試合(日本戦)では良い結果を得るために戦いたい。いくつかの点が改善できれば勝てるはずだ」とも語っており、日本戦に向けて戦意を失った様子はない。

   日本はここまで下馬評を覆し、コロンビアに2-1の勝利、セネガルには2度リードされながら追いついて2-2のドローと無敗。勢いに乗っており、サポーターから「ポーランドにも勝って1位で決勝トーナメントへ」という声が沸々と聞こえてくる。

   ただ、選手の能力などから見れば日本にとって格上であることは揺るがない。気になるデータも2つある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中