2018年 7月 21日 (土)

羽生結弦、国民栄誉賞 紋付き袴で受け取る

印刷

   2018年2月に行われた平昌五輪で、フィギュアスケート男子で66年ぶりとなる連覇を成し遂げた羽生結弦選手(23)に対し、2018年7月2日、スポーツや芸能などの分野で功績をあげた個人・団体に贈られる国民栄誉賞の受賞式が行われた。各メディアが報じた。

   羽生選手は、首相官邸に織物「仙台平」のはかまと家紋入りの羽織姿で登場した。

   国民栄誉賞は羽生選手で27例目、最年少受賞者となった。前回は2月に将棋の羽生善治竜王と、囲碁の井山裕太九段が受賞していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中