2018年 11月 16日 (金)

羽生結弦、国民栄誉賞 紋付き袴で受け取る

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2018年2月に行われた平昌五輪で、フィギュアスケート男子で66年ぶりとなる連覇を成し遂げた羽生結弦選手(23)に対し、2018年7月2日、スポーツや芸能などの分野で功績をあげた個人・団体に贈られる国民栄誉賞の受賞式が行われた。各メディアが報じた。

   羽生選手は、首相官邸に織物「仙台平」のはかまと家紋入りの羽織姿で登場した。

   国民栄誉賞は羽生選手で27例目、最年少受賞者となった。前回は2月に将棋の羽生善治竜王と、囲碁の井山裕太九段が受賞していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中