2018年 7月 16日 (月)

大東建託の長時間労働に是正勧告

印刷

   賃貸マンションの建設や管理を手がける大東建託(東京都港区)は、違法な長時間労働と残業代の未払いで2018年6月上旬に川崎北労働基準監督署から是正勧告を受けていた。2018年7月2日に朝日新聞などが報じた。

   報道によると、元社員の話で、17年10月に労使協定を上回る90時間を超える時間外労働があり、10月と11月の残業代約10万円の未払いが認められた。

   大東建託は「不適切な労務管理になった場合は、改めて考え方や行動を是正するように注意・指導している」とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中