2018年 11月 14日 (水)

「バチバチ」佐藤タカヒロさん死去、41歳 前日までツイッター更新...「嘘やろ」「急すぎる」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   大相撲をテーマにした作品で知られる漫画家の佐藤タカヒロさんが2018年7月3日未明、死去した。41歳。秋田書店の「週刊少年チャンピオン」編集部が同日夜、公式サイト上で発表した。

   佐藤さんは「鮫島、最後の十五日」を週刊少年チャンピオンで連載中だった。発表によれば、12日発売予定の同誌33号で最終回になる。突然の訃報に、ツイッターでは「急すぎる...」などと驚きや悲しみの声が広がっている。

  • 「鮫島、最後の十五日」最新18巻(秋田書店)
    「鮫島、最後の十五日」最新18巻(秋田書店)

「バチバチ」がヒット

   山形県酒田市出身。「バチバチ」「バチバチ BURST」をはじめ、14年11月から連載中の「鮫島~」など、大相撲を題材とした熱い作風のスポーツ漫画で知られた。

   少年チャンピオン編集部の発表では、「3日未明、週刊少年チャンピオンにて『鮫島、最後の十五日』を連載中の佐藤タカヒロ先生が永眠されました」と報告。その上で、

「編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、先生の作品を読み、心を震わせることができたことを幸せに思いながら、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。またご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます」

と悼んだ。

   連載中の作品については、12日発売の33号で最終回になると説明。「単行本に未掲載分の刊行等、今後に関しましては決まり次第改めて週刊少年チャンピオン本誌、並びに公式HPにて告知させていただきます」とした。

「は...?嘘やろ...急すぎる...」

   佐藤さん6月28日のツイッターで、水島新司さんの「ドカベン」最終回を受けて、「水島先生に鮫島を褒めて頂いた時の嬉しさは一生忘れないです」とコメントしていたばかり。7月2日21時過ぎにも、他の人の投稿をリツイートする形でツイッターを更新していた。

   それだけに、ネット上では突然の訃報に驚きが広がった。チャンピオン発表を受けて、ツイッターやネット掲示板には、

「は...?嘘やろ...急すぎる...」
「ご冥福を...しかし鮫島最後の十五日が未完で終わってしまうとは...」
「作品を思うと、漫画描きながら燃え尽きれたんだなあでもあって、でも最後まで見たかった」

といった投稿が相次いで寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中