2019年 6月 25日 (火)

高速道侵入の自転車はねて逮捕 「悪いのはチャリの方では?」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   高速道路に進入した自転車に衝突した大型トラックの運転手男性(43)が愛知県警に逮捕された。ネット上では「自転車が悪いのになぜ」と疑問の声も出ている。

   愛知県警は、「真相を明らかにするため、現行犯逮捕しました」とJ-CASTニュースの取材に説明した。

  • 深夜の高速を自転車で走って事故に(写真はイメージ)
    深夜の高速を自転車で走って事故に(写真はイメージ)

自転車の男性は、係員の制止にもかかわらず進入

   愛知県清須市内の名古屋第2環状自動車道で、2018年6月28日未明に事故は起きた。

   地元紙の報道などによると、片側2車線のうち左側の走行車線で、大型トラックがロードバイクの自転車に後ろから衝突し、自転車に乗っていた名古屋市内の団体職員男性(27)が腰の骨を折るなどの重傷を負った。県警高速隊は、大型トラックの運転手を自動車運転処罰法違反(過失運転傷害)の現行犯で逮捕した。

   運転手は、

「事故を起こしたことは間違いない」

と容疑を認めているという。各メディアは、自転車の男性を匿名としたが、この運転手については実名で報じている。

   自転車の男性は、清洲東インター入口のレーンから高速に進入していた。料金所の係員が男性を見つけて制止したが、男性はそのまま入ってしまったという。係員は、高速の管制室に通報し、管制室が110番した。しかし、男性は1キロ余も高速を自転車で走り、事故に遭っていた。

   ネット掲示板やツイッター上などでは、こうした状況で県警が運転手を逮捕したことに様々な意見が書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中