2019年 11月 12日 (火)

原口元気、「元教育係」槙野智章との絆 「この人とW杯行けてよかった」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ベルギーに敗れてロシア・ワールドカップ(W杯)の幕を閉じたサッカー日本代表の原口元気(27・ハノーファー=ドイツ)が、浦和レッズ時代の先輩・槙野智章(31)と共に戦えたことをツイッターで感謝した。

   原口がベルギー戦で先制ゴールを決めた時、一直線に駆け寄った相手は槙野だった。浦和時代は原口の「教育係」。2人は特別な関係にある。

  • サッカー日本代表の槙野智章(左)と原口元気
    サッカー日本代表の槙野智章(左)と原口元気

「どんな時もポジティブでみんなを元気にできる人」

   2018年7月3日のW杯決勝トーナメント1回戦・ベルギー戦の後半3分、柴崎岳のスルーパスに抜け出した原口が、ゴール左隅にシュートを突き刺した。すかさずベンチに向かって走り出し、押し倒さんばかりの勢いで飛びついた相手は、手を広げて笑顔で待っていた槙野だった。

   その後、2-3の逆転負けを喫し、ロシアを去った日本代表。原口は帰国の途についた5日にツイッターを更新し、

「この人とW杯に行けてよかった。どんな時もポジティブでみんなを元気にできる人」

とだけつづった。帰路の合間に撮ったのだろう、槙野との2ショットを投稿している。

   投稿写真はもう1枚ある。浦和レッズ時代の試合中のもので、原口と槙野が肩を組んでいる。槙野は「浦和→ドイツ=ロシアW杯 バイバイ泣き虫ゲンキ!! 元気!!」と書かれたインナーシャツを着ている。

   14年6月、原口がヘルタ・ベルリン(ドイツ)に移籍する前、浦和でのラストマッチとなった名古屋グランパス戦。原口の直接FKが、GK楢崎正剛に弾かれると、ゴールに押し込んだのは槙野だった。喜びのあまりユニフォームを脱ぐと、槙野のインナーに書かれていたのは「浦和→ドイツ=ロシアW杯 ~」の文字。すぐに原口が近寄って肩を組むと、槙野は自慢げにインナーを見せ、がっちり抱き合った。原口が今回ツイッターにあげた写真はこの時のものだ。

   ケルン(ドイツ)から12年に浦和に加入した槙野は、当時20歳だった原口の教育係に指名された。11年末の練習後、原口がチームメイトの岡本拓也といさかいを起こし、ケガを負わせる問題が起きた。以前から気の荒さに手を焼いていた原口の教育を、気さくで明るい槙野が任された格好だ。約2年半、プレーを共にした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中