2018年 7月 23日 (月)

西日本中心に、大雨で避難指示・勧告や被害相次ぐ

印刷

   梅雨前線の活発化に伴い2018年7月5日から6日までに西日本を中心に大雨が降り、九州から北陸にかけ住民に対し避難指示・勧告が相次いでを発令されている。

   消防庁の発表によると、6日14時時点で犠牲者3名、負傷者39名。住宅被害では、全壊1棟、一部破損37棟、床上浸水18棟、床下浸水220棟の被害が出ている。

   避難指示は西日本を中心に21万人、避難勧告は187万人に対し発令された。

   気象庁は5日5時頃から6日15時現在までに「大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 」を6号まで発表。7日12時までの24時間に、いずれも多い所では四国地方で400ミリ、東海、九州北部、九州南部で300ミリ、関東甲信、近畿、中国地方で250ミリ、北陸地方で200ミリ、沖縄地方で60ミリが予想されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中