2020年 2月 28日 (金)

東国原の「そっくり俳句は偶然」弁明 あり得る話?俳句関係者に聞くと...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   元宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏が、人気番組「プレバト!!」(TBS・MBS系)で披露した俳句について、過去に宮崎県の地元紙に掲載された句に酷似しているとの指摘を受け、盗作意図は否定しつつも、「私の至らなさ・責任」だとして謝罪した。

   両句を比べると、「五・七・五」のうち、「中七」と「下五」は全く同じ。「上五」も冒頭2文字は同じという、そっくりぶり。東国原氏は「結果的に類似句になってしまった」というが、謝罪後もツイッターでは「盗作」指摘が出ている。東国原氏の弁明は、俳句関係者にはどう映ったのか。俳句専門誌の編集関係者に話を聞いた。

  • 「プレバト!!」の番組サイト(MBSサイトより)
    「プレバト!!」の番組サイト(MBSサイトより)

「結果的に類似句になってしまった」

   問題となった東国原氏の俳句は、2018年6月7日放送の「プレバト!!」で披露された、

「梅雨明けや 指名手配の 顔に×」

   一方、17年6月26日付の宮崎日日新聞(宮崎県の地元紙)の「宮日文芸」欄に掲載された作品は、

「梅雨寒や 指名手配の 顔に×」

   「上五」後半の「明けや」と「寒や」とが違うだけで、あとは一言一句同じだ。東国原氏は宮崎県出身で、県知事も務めた経験がある。

   今回、宮日の句を詠んだ人が「父の友人」だという人物がツイッターで、この類似を指摘。東国原氏は7月5日のツイッターで「先程、このツイートを確認しました」として、

「全く承知していなかったとは言え(原文ママ)、結果的に類似句になってしまったのは私の至らなさ・責任だと思います。大変申し訳有りませんでした」

と、盗作意図は否定しつつ、謝罪した。これまでも類句防止策として、

「自分の句と類句・類想句が無いか出来得る限り調べます」

という努力をしていたが、

「毎日全国で数千・数万の俳句が生まれ、過去100年以上の歴史の中で詠まれた俳句は天文学的数字です。網羅的チェックは不可能です」

と理解を求めた。今回の自身の句の取り下げについて、番組スタッフと相談・協議するとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中