2019年 12月 11日 (水)

大雨被害の九州北部・近畿・中国などで梅雨明け

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   気象庁は2018年7月9日、九州北部・中国・近畿・東海・北陸地方でそれぞれ梅雨明けしたと発表した。

   昨年より4日から24日早い梅雨明けとなった。平年差では、10日から15日早かった。

   九州から中国、近畿にかけては、5日から6日までに梅雨前線の活発化に伴い大きな被害が発生している。消防庁の発表によると、9日6時半時点で全国で死者75人、行方不明者28人、住宅被害は全壊38棟、半壊21棟、一部破損195棟、床上浸水1930棟、床下浸水4210棟となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中