2018年 7月 19日 (木)

スタバ、プラ製ストロー廃止へ 海洋汚染問題で

印刷

   米コーヒーチェーン大手スターバックスは2018年7月9日(現地時間)に、20年までに全世界の約2万8000店で、プラスチック製ストローの提供を廃止すると発表した。プラスチック製ストローは海洋汚染の原因ではないかと指摘されていた。

   今後はストローがなくても飲めるふたを導入する。クリームがのったフラペチーノなどストローが必要となるメニューについては、紙または堆肥化可能なプラスチックを使ったストローに切り替える。これにより年間10億本のプラスチック製ストローの削減になる。

   まず、本社のある米・シアトルとカナダ・バンクーバーで、今秋から切り替えを開始する。それ以外の地域でも20年までに切り替えを実施する考えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中