2018年 9月 24日 (月)

ジャスティン・ビーバー婚約も... ファンの関心は「元カノ」セレーナに集中

印刷

   カナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバーさんが米人気モデルのヘイリー・ボールドウィンさんと2018年7月7日に婚約した。ビーバーさんがインスタグラムで報告している。

   ファンからは祝福や悲しがる声よりも、ビーバーさんが以前交際していた米歌手のセレーナ・ゴメスさんとの関係に反応する人が多く見られた。

  • ビーバーさんのインスタグラムより。ボールドウィンさんとの婚約報告。
    ビーバーさんのインスタグラムより。ボールドウィンさんとの婚約報告。

ジャスティンファンはセレーナの味方?

   ビーバーさんとゴメスさんの復縁と破局の回数は相当なものだ。

   始まりは2009年12月31日に行われたニューヨークでの年越しイベントで、当時15歳のビーバーさんは17歳のゴメスさんをステージに招き入れ初共演を果たした。10年に交際が噂されるようになり、11年に入って晴れて交際を公にした。その後、12年11月に破局するも、翌月旅行に出かけ、仲睦まじい姿をパパラッチされたものの、13年1月に破局した。

   その後も何度か復縁と破局を繰り返した。破局している間の16年にビーバーさんは婚約相手のボールドウィンさんと交際していたこともあった。

   最後の復縁は17年12月ごろ。しかし今年の春ごろに破局が噂されており、さらに6月にビーバーさんとボールドウィンさんの交際報道が多数登場し、仲睦まじい様子が数多く撮られた。

   最初の接触となった年越しイベントから既に9年近く経っており、ファンや一部報道では2人のカップリングを「ジェレーナ」と呼ばれ、親しまれていた。

   そのためか、日本のビーバーさんのファンは、今回の婚約報道についても、

「個人的にはいつかまたセレーナと、って思ってたんだけどな」
「セレーナへの愛はどこに行ったの?」
「いきなりこれじゃセレーナが可哀相よね」
「今のジャスティンがあるのはセレーナのおかげ、一生変わらない事実」

などビーバーさんではなく、ゴメスさんを気遣うコメントが多数寄せられていた。中には、ビーバーさんではなく、ゴメスさんの幸せを祈るファンまで登場するまでになっていた。

「結婚するなら 後悔させるくらい セレーナには 幸せになって欲しい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中