2018年 7月 19日 (木)

滋賀・日野町事件の再審開始決定 大津地裁

印刷

   滋賀県日野町で酒店経営の女性(当時69)が殺害され、手提げ金庫が奪われた「日野町事件」。強盗殺人罪で無期懲役が確定し、服役中に病死した阪原弘元受刑者の遺族が申し立てた第2次再審請求審で2018年7月11日、大津地裁は裁判のやり直しを決定した。

   事件は1984年12月、酒店経営の女性が行方不明になり、85年1月遺体が発見された。その後、持ち去られた金庫が発見された。

   滋賀県警は88年3月、「酒代欲しさに犯行に及んだ」などと自白したとして、阪原元受刑者を強盗殺人容疑で逮捕した。しかし、公判では一転して自白の強要を訴えて無罪を主張したが、2000年に最高裁で無期懲役が確定した。

    阪原元受刑者は01年、大津地裁に再審請求をし、06年に棄却された後に大阪高裁で即時抗告中だった11年に病気で亡くなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中