2018年 9月 22日 (土)

いま、倉敷・真備町では何が必要なのか 住民に聞くと...「トイレ」「水」そして「車」

印刷

   「私たちも生活支援、生活再建、しっかり支援していきますから」――2018年7月11日、平成30年7月豪雨に見舞われた岡山県を視察した安倍晋三首相は、住民にこう語りかけた。

   記録的な大水害の発生から、5日が過ぎた。首相は「しっかり支援」と宣言したが、地元ではいったい何が必要とされているのか。

  • 「尚@真備町住民」さん提供。豪雨に見舞われた町の様子
    「尚@真備町住民」さん提供。豪雨に見舞われた町の様子
  • やはり「尚@真備町住民」さんからの提供写真。水は引いたものの、復旧はこれからだ
    やはり「尚@真備町住民」さんからの提供写真。水は引いたものの、復旧はこれからだ

「必要なものが変わっているというのが、うまく伝わらない」

   「今からは清掃に移るので、必要なものが変わっているっていうのが、上手く伝わらない」――J-CASTニュース編集部が2018年7月11日、ダイレクトメッセージ(DM)を通じて話を聞いた「尚@真備町住人」さんは、こう語る。

   約50人の犠牲者を出した倉敷市真備町には、全国から大きな関心が集まっている。首相の訪問もその表れだ。支援物資も多く寄せられ、11日から本格的なボランティア活動も始まった。

   しかし、ミスマッチも起きている。10日には、支援物資をさばくことが不可能になり、市が受け入れの一時中止を発表する事態となった。NHKニュースによれば、「被災者のニーズと合っていない秋冬の衣服」まで届き、かえって避難所のスペースを圧迫する事態が起きた、という。またボランティアも、大渋滞もあり思うように動けず、11日午後の作業を中止せざるを得なくなった。

   今、地元が必要としているものは何だろうか。上記の「尚」さんによれば、地元は今、浸水に見舞われた家屋や道路などの片付け、そしてそれによって生じた大量のゴミの処理といった、「清掃」が目下の課題となっている。

「今はとにかく、片付けしている場所での仮設トイレや水が欲しいです。あと清掃に関するもの」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中