2018年 11月 14日 (水)

詰み上がる「善意」、困惑するコンビニ 千鳥ノブ「支援呼びかけ」で地元に何が起きた

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   お笑いコンビ「千鳥」のノブさん(38)が、西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市への支援をツイッターで呼び掛けたことが、結果として逆に現地の混乱を招いてしまう騒動があった。

   支援物資を受け付けていない店舗を、誤って「受け入れ先」だと紹介してしまったのだ。実際のところ、ノブさんの呼びかけは被災地にどんな影響を与えたのか。J-CASTニュースが取材した。

  • ノブさんの「善意」が招いたトラブルとは
    ノブさんの「善意」が招いたトラブルとは

投稿は9000回以上リツイート

   ノブさんは岡山県出身。今回の豪雨災害では、ツイッターで各地の被害状況や支援情報を伝える投稿を数多く発信していた。思わぬトラブルを招いてしまったのは、現地への支援物資を呼びかけた2018年7月8日朝のツイートだ。

   倉敷市内のあるセブン‐イレブン店舗で、同日10~13時の間で支援物資の受け入れを行うと伝えた一般ユーザーの投稿を引用しながら、

「倉敷の支援物資受け入れ先です!」

と伝えたのだ。この投稿は9000回以上リツイート(11日朝時点)されるなど、ネット上で大きな注目を集めた。

   発端となった一般ユーザーは「千鳥ファンの多くの方に届いてほしいです」として、上記の情報をノブさんにリプライ(返信)で伝えていた。どうやら、ノブさんは地元に住むファンから寄せられた切実な訴えを目にして、善意で拡散に協力したようだ。

   だが、支援物資の受け入れ先とされたセブン店舗は、こうした情報を把握していなかった。つまり、発端となったツイートを投稿したユーザーは、店に許可を取らないまま呼びかけを進めていたというのだ。

   そのため、突然物資の受け入れ先とされた店舗側は、予想外の事態に困惑。現地でちょっとした混乱を招くことになったのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中