2018年 10月 24日 (水)

正恩氏が不満を「激して述べた」 現地指導で「特にけしからんのは...」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   他国への激しい批判を繰り返す北朝鮮メディアで、内閣や朝鮮労働党の地方組織といった「身内」への批判が展開されている。2018年7月17日朝、朝鮮中央通信など国営メデイアは、金正恩・朝鮮労働党委員長の「現地指導」に関する記事を8本もいっせいに配信。

   そのうち4本で、正恩氏の不満が報じられている。その多くが劣悪な衛生状態や工期の遅れを指摘する内容で、内閣メンバーの怠慢ぶりには、不満を「激して述べた」ほどだ。

  • 温堡(オンポ)休養所を視察する金正恩氏(写真は労働新聞から)
    温堡(オンポ)休養所を視察する金正恩氏(写真は労働新聞から)

建設現場には足運ばず、竣工式には欠かさず顔を出す

   現地指導の時期は記事中では明らかにされていないが、記事中に出てくる地名からすると、その多くが北東部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)内の視察だとみられる。

   最も激怒したとみられるのが、漁郎川(オランチョン)発電所の建設現場の視察だ。内閣の幹部について

「道にだけ放任しておいて全く関心を払っていない」

などと叱責し、

「特にけしからんのは、国の経済に責任を持った活動家(編注:内閣の幹部)たちが発電所の建設場やダムの建設場には一度も出向いていないのに、どこかの発電所が完工したとすれば竣工式の時には欠かさず顔を出す、ぬけぬけとした行動であると激して述べた」

と怒りをぶちまけたという。

   朝鮮労働党の地方組織にも矛先は向けられている。清津(チョンジン)かばん工場訪問の記事では、咸鏡北道の党委員会が、党が重視している次代教育事業を疎かにし、かばん工場を新たに建設すべきだという党の方針を受け入れずに、再生繊維工場の建物にある粗末な部屋を空けてかばん生産拠点を汚く設けた、などとして

「地方のかばん生産実態を調べるために訪れた最高指導者に大きな心配をかけた」

と、指摘。さらに正恩氏は、

「清津かばん工場を建設した時から1年半になるまでデザイン室も設けず、製品陳列室も汚いまま放っているのを見れば確かに道党委員会の活動に問題があると深刻に批判した」

という。

ずさん運営で評判落ちれば「主席と総書記の業績を台無しにし、罪を犯すことになる」

   温堡(オンポ)休養所の視察では風呂場を見て回りながら、

「管理をよくしていないので温泉治療の浴槽が汚く、薄暗くて非衛生的だ、このような環境で治療になるのか、本当に汚い」

とあきれた。この休養所は

「金日成主席と金正日総書記の指導の業績が宿っている事績建物」

だといい、こういったずさんな運営が原因で人民の評判が落ちるようなことになれば、

「主席と総書記の業績を台無しにし、罪を犯すことになる」

と「厳しく言い聞かせた」という。

   塩盆津(ヨムブンジン)ホテルの建設現場では、

「骨組工事を終えた時から6年が経っても内部の壁塗りも完成していない」

ことを問題視。全党が金日成主席と金正日総書記の遺訓貫徹を目指す中で

「ホテルの建設を毎年引き続き繰り越してずるずる延ばしているのは非常によくない」

として、党創建記念日にあたる19年10月10日までの完成を指示した。ただ、

「ホテルの外部立面の設計が良くないし、収容能力も小さいと述べて、中央と道の設計力量が協同して設計を全般的に検討し、近代的美感に合わせて新しくすることについて指示した」

ともいう。大幅な設計変更の指示が工期の遅れにつながる可能性もありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中