2018年 8月 17日 (金)

絶滅危機のトラを6年間で倍増させたい! タイガービールがKENZOとのコラボ企画を発表へ

印刷

   絶滅の危機にある野生のトラを6年間で倍増させようと、タイガービール(シンガポール)は、世界自然保護基金(WWF)とともに、保護活動プロジェクトに取り組んでいる。

   2018年は、世界的なファッションブランドのKENZOや若手デザイナーらとコラボして、トラをモチーフにしたオリジナルコレクション「RARE STRIPES」を展開することになった。

news_20180719104144.jpg
タイガービールがトラの保護を呼びかけ

世界的に活躍する新進気鋭のアーティスト4人を抜擢

   世界でのトラの生息数は、横行する密猟や生息地の破壊によって、この 100 年ほどで急激に減少した。現在、世界でわずか約3900 頭のトラが確認されているだけだ。

   この現状を変えようと、アジアNo.1のインターナショナルプレミアムビール、タイガービールは、2022 年までに世界の生息個体数を2倍にする「Tx2」のプロジェクトを2017年からWWFと共同で始めた。

   この期間中、タイガービールは WWFへ年間 100 万U.S.ドル(約1億1300万円)、6年間で合計600 万U.S.ドル(約6億7800万円)を寄付することにしている。

   今回は、トラの象徴的なデザインで知られるKENZO がプロジェクトに加わった。

   タイガービールは、KENZOの共同クリエイティブ・ディレクター、ウンベルト・レオンとキャロル・リムの2氏とともに、世界的に活躍する4人の新進気鋭のアーティストを抜擢した。限定コレクションの制作陣に選ばれたのは、コンテンポラリーアーティスト兼彫刻家のメリル・スミス(米国)、イラストレーターでデザイナーのエスター・ゴー(シンガポール)、イラストレーター兼版画家のジュリエンヌ・タン(タンザニア)、ビジュアル・デジタルアーティストのショーン・リーン(マレーシア)の 4氏だ。

8 頭のトラの生涯にヒントを得たコレクションを販売

   タイガービールでは、KENZO のクリエイティブ・ディレクター2人と新進気鋭のアーティスト4人とともに、野生のトラがほぼ絶滅しているカンボジアを訪れ、WWF の野生動物専門家から現状について説明を受けた。そこでの理解をもとに作成したコレクションは、8 頭の野生のトラの生涯にヒントを得たというユニークなものだ。

   限定コレクションには、世界基準に適合したオーガニックコットンが100%使用されている。売上金の一部は WWFによる保護活動の支援に充てられる。

   コレクションの内容は、7月20日に東京・銀座のGINZA SIX内で発表される。コレクションの商品は翌21日から、GINZA SIX内3FにあるKENZOストアとKENZOの公式サイト「kenzo.com」で販売する予定。

   タイガービールのインターナショナルブランドディレクター、ヴィーナス・テオは、「当社のブランドマークとしても親しまれている野生のトラを絶滅から救うために、人々に行動を起こしてほしい」と呼びかけている。

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック