2018年 9月 22日 (土)

俳優・常田富士男が死去 81歳

印刷

   俳優の常田富士男(ときた・ふじお)さんが、2018年7月18日、脳内出血のため東京都内の病院で死去した。81歳だった。19日に各メディアが報じた。

   常田さんは長野県出身で、劇団民芸の養成所を修了している。テレビアニメ「まんが日本昔ばなし」(TBS系)では、俳優の市原悦子さんと語り手を務めた。1975~94年に渡り、「むかーし、むかしのことじゃったぁ」の温かな語り口で親しまれた。

   そのほか、黒澤明監督の映画「赤ひげ」や今村昌平監督の「楢山節考」、「うなぎ」などの映画にも出演した。

   葬儀・告別式は親族で行う。喪主は長男の青児(せいじ)さん。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中