2018年 11月 18日 (日)

芥川賞は高橋弘希さん、直木賞は島本理生さん...ともにたびたび候補入り

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   第159回芥川賞と直木賞の選考会が2018年7月18日、東京・築地の「新喜楽」で開かれた。芥川賞には高橋弘希さんの「送り火」(文学界5月号)、直木賞には島本理生(りお)さんの「ファーストラヴ」(文芸春秋・刊)が選ばれた。

   高橋さんは1979年、青森県十和田市の出身。2014年に「指の骨」で新潮新人賞、第152回芥川賞候補に選ばれる。「朝顔の日」、「短冊流し」も芥川賞候補になり、4度目の候補で受賞となった。

   島本さんは東京都板橋区の出身。都立新宿山吹高等学校在学中の01年に「シルエット」が群像新人文学賞優秀作に選ばれ作家デビュー。02年「リトル・バイ・リトル」、03年「生まれた森」、06年「大きな熊が来る前に、おやすみ。」、15年「夏の裁断」で芥川賞候補。10年「アンダスタンド・メイビー」が直木賞候補にあがった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中