2018年 9月 23日 (日)

芥川賞は高橋弘希さん、直木賞は島本理生さん...ともにたびたび候補入り

印刷

   第159回芥川賞と直木賞の選考会が2018年7月18日、東京・築地の「新喜楽」で開かれた。芥川賞には高橋弘希さんの「送り火」(文学界5月号)、直木賞には島本理生(りお)さんの「ファーストラヴ」(文芸春秋・刊)が選ばれた。

   高橋さんは1979年、青森県十和田市の出身。2014年に「指の骨」で新潮新人賞、第152回芥川賞候補に選ばれる。「朝顔の日」、「短冊流し」も芥川賞候補になり、4度目の候補で受賞となった。

   島本さんは東京都板橋区の出身。都立新宿山吹高等学校在学中の01年に「シルエット」が群像新人文学賞優秀作に選ばれ作家デビュー。02年「リトル・バイ・リトル」、03年「生まれた森」、06年「大きな熊が来る前に、おやすみ。」、15年「夏の裁断」で芥川賞候補。10年「アンダスタンド・メイビー」が直木賞候補にあがった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中