2018年 10月 24日 (水)

開幕まであと2年 羽田空港が「五輪仕様」に

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2020年の東京五輪開幕までちょうど2年になった18年7月24日、大会マスコット「ミライトワ」「ソメイティ」を目にする機会が増えそうだ。

   羽田空港の出発ロビーは「五輪・パラリンピック仕様」に飾り付けられ、ロゴやマスコットキャラ入りの飛行機も運航を始めた。

  • 羽田空港には「開催まであと2年!2 Years to Go!」の文字が入った横断幕がお目見えした
    羽田空港には「開催まであと2年!2 Years to Go!」の文字が入った横断幕がお目見えした
  • マスコット入りの飛行機も就航。大会終了まで全国の空で運航される
    マスコット入りの飛行機も就航。大会終了まで全国の空で運航される
  • 「ミライトワ」「ソメイティ」と記念撮影ができるパネルも登場した
    「ミライトワ」「ソメイティ」と記念撮影ができるパネルも登場した

ロゴとマスコット入りの飛行機も就航

   主に日本航空(JAL)が乗り入れる第1ターミナルには、22日に名前が決まったばかりの大会マスコット「ミライトワ」「ソメイティ」と記念撮影ができるパネルがお目見え。チェックインカウンターのすぐ上には「開催まであと2年!2 Years to Go!」の文字とマスコットキャラ入りの横断幕や、五輪やパラリンピックを目指す選手の写真が飾られた。

   マスコット入りの飛行機も就航した。国内線向けのボーイング777-200型機の後部に、五輪とパラリンピックのロゴとマスコットを描いたデカール(シール)を縦1.3メートル、横3.7メートルにわたって貼り付けた。初便は沖縄・那覇行きのJL907便として9時過ぎに出発。パラリンピックが終了する20年9月まで、全国の空で運航予定だ。

   一方、全日空(ANA)は第2ターミナルの出発ロビーを五輪・パラリンピック仕様に装飾。18年7月28日には選手による卓球体験会も行う。10月以降、すでに就航している五輪特別塗装機4機に「ミライトワ」「ソメイティ」が加わる。

   7月24日夜には、東京都の小池百合子知事や大会組織委員会の森喜朗会長らを迎えてカウントダウンイベントが東京スカイツリーで行われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中