2018年 9月 20日 (木)

ヤマト過大請求 被害総額は約17億円

印刷

   ヤマトホールディングスは2018年7月24日、グループ会社で引っ越し事業を手がける「ヤマトホームコンビニエンス」が法人客に提供した引越サービスに不適切な請求があったと発表した。

   過去2年間に引越サービスを提供した全法人3367社・12万4000件に調査を行ったところ、2640社・約4万8000件において、総額約17億円の不適切な請求があったことが判明した。不適切な請求があった全ての法人への謝罪は、7月23日までに完了している。

   ヤマトホールディングスは23日に、外部の独立した専門家で構成する調査委員会を設置した。当調査委員会が有効と認めた再発防止策が機能を開始するまで、ヤマトホームコンビニエンスは法人客と契約する引越サービスの新規契約、新規受注を中止する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中