2020年 1月 19日 (日)

「家族4人」のヘッドライト会社に注文殺到 商品に添えた「手紙」が大反響

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   富山県の小さな会社が作るアウトドア用ヘッドライトに、注文が殺到している。1日40個ほどの売り上げだったのが、ある日からの2日間で1800個に激増した。

   きっかけは、購入者によるツイッターへの投稿だ。商品とともに添えられていた2枚つづりの「手紙」の内容が反響を呼んでいる。

  • トモスメイカーの商品購入時に添えられていた手紙1枚目(写真提供:さほ触手(@sahotex)さん)
    トモスメイカーの商品購入時に添えられていた手紙1枚目(写真提供:さほ触手(@sahotex)さん)
  • トモスメイカーの商品購入時に添えられていた手紙2枚目(写真提供:さほ触手(@sahotex)さん)
    トモスメイカーの商品購入時に添えられていた手紙2枚目(写真提供:さほ触手(@sahotex)さん)
  • トモスメイカーの「Tomo Light(トモライト)」(写真提供:さほ触手(@sahotex)さん)
    トモスメイカーの「Tomo Light(トモライト)」(写真提供:さほ触手(@sahotex)さん)

「じぶんたちの子供のように時間をかけてじっくりと」

   ツイッターユーザーの「さほ触手」(@sahotex)さんは2018年7月23日、通販サイトでアウトドア用のヘッドライトを購入したところ、「商品の箱の中から涙ぐましい手紙が出てきた ......またここのライトを買おう......」と、その手紙の写真を投稿した。

   購入したのは、トモスメイカー合同会社(富山市)の「Tomo Light(トモライト)」。手紙は同社の松田大輔代表の名義で書かれている。

「このヘッドライトはわたしたちが海外の工場と直接やりとりして、開発に6か月以上かかった大切な商品です。他社にはない明るいライトをたくさんつけて、中のバッテリーも安価で良いものを取りそろえて、海外と日本でダブル検品して、何週間もかけて船で日本に送ってもらった本当に本当に大切な商品です」

   簡単な会社紹介や、自慢の製品であることも記載している。

「うちの会社は家族4名でやっている元々、小さな富山のメーカーですが、いつも開発品はじぶんたちの子供のように時間をかけてじっくりと他社に負けないように開発しているつもりです」

   アフターサービスについても、「動作は確認しているので使用上は全く、問題ないつもりですが、何かあれば遠慮なくご連絡ください。誠意対応していくつもりです!」と約束。説明書記載の保証期間は「3か月」ながら、

「商品を買ってくださったのですから半永久的にサポートするつもりですので 何かありましたら、遠慮なくご連絡ください(笑)」

と気軽な連絡を呼びかけている。最後は「それでは、お客様によりよい人生ライフを!」。こうした文章が約1000字にわたり2枚つづりで書かれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中