2018年 8月 17日 (金)

すごく怪力な女性の仕業? 名古屋の駅のトイレ貼り紙が理解超えてる

印刷

   名古屋市内の駅にあったトイレの貼り紙の内容が、「理解を超えている」などとネットで話題になっている。

   「どういうことなん?」「状況が全く想像できないのだが」。ツイッター上で2018年7月21日、貼り紙の写真が投稿されると、こんな驚きの声が上がった。

  • トイレに出されていた貼り紙(写真は、天乃咲哉さん提供)
    トイレに出されていた貼り紙(写真は、天乃咲哉さん提供)
  • 被害の様子が貼り紙から分かる(写真は、天乃咲哉さん提供)
    被害の様子が貼り紙から分かる(写真は、天乃咲哉さん提供)

トイレットペーパーを2分割して便座に敷く

   貼り紙では、「洋式便器のトイレットペーパー使用について」と題して、「無駄使いは、おやめ下さい」と呼びかけが行われていた。

   それによると、最近、トイレットペーパーを丸ごとホルダーから取り出し、真ん中から2分割して便座に敷き、用を足すと汚物入れに捨てていく人がいる。これは、便座に直接肌が触れないようにするためだという。

   2分割されたペーパーの写真も添えてあり、それを見ると、ペーパーがぐじゃぐじゃになっていた。貼り紙では、「次に使用された方はペーパーが無い為、お困りです」と訴えていた。

   貼り紙の写真は、テレビアニメにもなった「このはな綺譚」などの作品で知られる漫画家の天乃咲哉さんが投稿した。

   天乃さんは、ペーパーを2分割するというやり方について、「素手で引き裂いてるっぽい」と指摘し、「すごい怪力な女性だなと思った」と驚いていた。

   トイレの貼り紙についての話題は、ツイッターのまとめサイト「togetter」でも取り上げられるほどの反響を集めている。

被害はほぼ毎日あったが、貼り紙でなくなる

   ペーパーを2分割する行為については、「二つ折りした長めのを左右に敷けば済む話」「消毒できるウエットティッシュやアルコールスプレーじゃあダメなのかな」「使い捨ての便座シート持ち歩けばいい」と疑問の声が上がった。ただ、「常識が通じない人なんでしょうねえ...」との指摘も出ている。

   名古屋鉄道の広報部は7月25日、名古屋本線・鳴海駅の構内の女子トイレにこの貼り紙を出していたとJ-CASTニュースの取材に認めた。

   しかし、具体的なことについては、「客のプライバシーに関わりますので、お答えは差し控えさせて下さい」と明かさなかった。もう被害が出ていないとして、この日のうちに貼り紙を撤去したとしている。男子トイレにも、いたずらや嫌がらせを止めるように貼り紙を出していたという。

   関係者によると、ペーパー2分割の被害は、ほぼ毎日あった。貼り紙は6月下旬ぐらいに出し、それからは被害がなくなった。和式便器はあったが、こちらは使っていなかったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中