2018年 8月 17日 (金)

多摩ビル火災死者5人に 作業中ウレタンに引火か

印刷

   2018年7月26日、東京都多摩市の建設中のオフィスビルで発生した火災では、男性作業員5人が死亡、約40人が負傷した。各メディアが報じている。

   犠牲になった5人のうち4人は、ビルの地下階で発見された。報道によれば、地下3階の床の一部には隙間があったという。地下3階では、ガスバーナーで鉄骨の切断作業をしており、その下には天井部分にウレタンの断熱材を取り付けた免震階があった。切断作業中に出た火花が隙間から落ちて免震階のウレタンに引火し、燃え広がった可能性が考えられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中