2018年 8月 21日 (火)

「ヒモメン」窪田正孝、迫真のダメ男役に騒然 「最強にクズ」「どんなにカッコいい人でも...」

印刷

   俳優・窪田正孝さん(29)がドラマで演じる役に、放送後ネット上で「いくら窪田君でもあんな男は無理」といったどよめきが上がっている。

   2018年7月28日に放送開始した「ヒモメン」(テレビ朝日系、23時15分~)に出演している窪田さんは、働かずに交際中の女性にお金をせびる「ヒモ男」を演じている。その迫真のヒモっぷりに、視聴者もうんざりしているようだ。

  • 番組公式サイトより
    番組公式サイトより

家に転がり込み、金をパチンコに使い...

   同ドラマは、川口春奈さん(23)演じる看護師・春日ゆり子と、窪田さん演じる、無職の彼氏・碑文谷翔の「ヒモ」っぷりを描いた物語だ。原作は、鴻池剛さん作の漫画「ヒモメン~ヒモ更生プログラム~」(KADOKAWA)。

   第1話では、翔は実家を追い出され、ゆり子のマンションに転がり込んでくる。3週間が過ぎ、翔は働かないままゆり子のお金を使い日々を過ごしてきた。

   ある日、ゆり子が帰宅すると、翔が床に倒れていた。ゆり子が慌てて駆け寄るも、翔は空腹のため寝ていただけ。食事用に渡したお金について聞かれると翔は「ドブに落としちゃってさ」と誤魔化す。これに対しゆり子は「どうせパチンコ行ってたんでしょう」と追及するも、何事もなかったかのように避けるダメっぷり。

   こうした生活ぶりから、ゆり子の口座残高は減り続け、翔に働くよう促したところ、ハローワークに。軍手を持って河原に行き、働き始めたのかとゆり子が感心したのもつかの間、食べられる雑草を抜いて家に持ち帰っただけ。しかも翔は食べると体調を崩し、ゆり子の病院に行くもその分の医療費をゆり子に頼む始末――。

絶対無理、養えない」「すごい上手い」

   これらをはじめとする、翔の徹底した「ヒモ」っぷりに視聴者はあきれたようなのだ。

   放送後、ツイッター上では

「窪田くんだろうかどんなにカッコいい人が演じようと、あんな男は無理だ。」
「流れも結末も読めるし窪田くんだから 許されて笑って観れるけど最強にクズ 現実では絶対無理、養えない笑」
「仕事しないでお金をたかるクズは生理的に無理」

と厳しい声が上がった。

   ツイッターの検索欄に「ヒモメン」と打つと、

「ヒモメン 無理」
「ヒモメン イライラ」

と出てくるほどだ。

   一方で、

「窪田氏のヒモメンは似合うから良い」
「窪田正孝のヒモ感wwww 上手いwwwすごい上手いwww」

と、窪田さんの演技を称賛する声もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中