2019年 11月 13日 (水)

本田圭佑、アンチのバッシングに「愛情しかない」発言 宇佐美が真顔で暴露

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   事あるごとにプレーや発言が激しい賛否を呼ぶサッカー日本代表MF本田圭佑選手(32)だが、自身を批判する「アンチ」に対して、「俺は愛情しかない」と思っているという。

   ロシア・ワールドカップ(W杯)代表でチームをともにしたMF宇佐美貴史選手(26)が、2018年7月29日放送のバラエティ番組「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)でそんな裏話を明かした。バッシングを「愛」で返す本田選手の思考に、インターネット上では「精神強すぎ」などの声があがった。

  • ロシアW杯日本代表の本田圭佑選手(左)と宇佐美貴史選手
    ロシアW杯日本代表の本田圭佑選手(左)と宇佐美貴史選手

「人の悪口を言うことに時間を使わなくなることを切に願ってる」

   宇佐美選手は番組で、「圭佑君の思考ってすごいなと思ったんですよ。すごく注目されている方じゃないですか。好いてくれる人もいれば、嫌う人もいる。それがすごく気になって、『アンチの人から、たとえばすごく嫌なことを言われたり、ネガティブな意見を聞いたりしたらどう思うんですか?』と聞いたんです」と切り出した。これに本田選手は、

「俺は愛情しかなくて、そういうやつらが本当に成長して、人の悪口を言うことに時間を使わなくなることを切に願ってる」

と答えたという。宇佐美選手は「すごいなと思った」と感嘆した。

   本田選手の回答が突飛なものだったと感じたせいか、番組MCの「ダウンタウン」浜田雅功さん(55)は「ホンマか?!」とツッコミを入れ、スタジオも笑いに包まれた。だが宇佐美選手は「本当に僕は面と向かって話して聞いたので」と真顔で返した。その後もう一度「ホンマやったらやで?」と聞かれるも「ホンマです」と返し、苦笑いした。

   自身に批判や中傷を繰り返す「アンチ」に対し、拒絶するどころか「愛情」や「成長を願う」という言葉を発したという本田選手に、常人のメンタルではないと改めて感じたネットユーザーは多く、

「めちゃくちゃ徳が高い 私もそういう考え方になりたい」
「本田圭佑選手の精神強すぎてなぞ...」
「愛情しかない この言葉素直にかっこいいわ」
「クズあんちに愛情だなんて ホント聖人だな」

といった声がツイッターやネット掲示板にあがった。ただ、

「指摘だから、正論を悪口と思い込んじゃうホンダ君には参った」
「悪口と(本人には耳の痛い)意見の区別ついてんのか? 自分にとって都合悪い言葉=アンチと思ってないよね?」

などの声もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中