2018年 11月 18日 (日)

西武ファン、選手のタオルを「強奪」 球団が注意喚起「ルール守って」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球・西武ライオンズは2018年8月1日、一部ファンの迷惑行為に注意を呼び掛けた。チームの主砲・山川穂高選手(26)が所持していたタオルが、観客に奪われるトラブルが起きたためだ。

   こうした迷惑行為がなくならない場合、西武の選手がスタンドで観客とハイタッチをする企画の継続が「困難となってしまいます」と説明。改めて、ルールを守って欲しいとファンに呼びかけている。

  • ネット上で拡散された動画のワンシーン(赤い丸は編集部で加工)
    ネット上で拡散された動画のワンシーン(赤い丸は編集部で加工)

「いい大人が何やってるんだ」

   山川選手のタオルが奪われる「事件」は、西武の本拠地・メットライフドームで7月31日に行われたホークス戦で起きた。

   7-4のスコアで快勝した試合後、西武の選手たちはファンサービスの一環として、バックネット裏のスタンドへ。本拠地での勝利後の恒例企画で、客席のファンとハイタッチを交わしながら球場を後にしたのだ。

   だがこのとき、客席にいたスーツ姿の中年男性が、スタンドを歩く山川選手の方へ手を伸ばし――なんと首にかけていたタオルを奪い取ったのだ。ただ、このハプニングにも山川選手は動じなかったようで、笑顔のままハイタッチを続けていた。

   こうした一部始終は、客席にいた別のライオンズファンがツイッターに動画をアップする形で告発したことで、ネット上で大きな注目を集めることに。ツイッターやネット掲示板には、

「流石に度を超えてますね」
「これはひどい。泥棒です。いい大人が何やってるんだ」
「もしタオルが荷物に絡まってて、バランス崩した選手が階段から...なんて考えるとゾッとする」

といった怒りのコメントが相次いで寄せられた。

   また、一連の行為を撮影していた別のファンもツイッターで、男性は笑いながらタオルを奪っていたとして、

「子供もたくさんいました。その目の前で盗るなんて!」

と憤りを露わにしていた。

球団が注意喚起「迷惑行為がなくならない場合には...」

   その後、西武球団は翌1日に公式サイト上で、「勝利時における選手ハイタッチでの選手との接触に関わるお願い」と題した注意文を掲載。選手がスタンドを通った際に、

「選手に過度の接触を試みる、選手を引き留める、選手の所持品に触れる、あるいは所持品を引っ張るといった迷惑行為が見受けられます」

と指摘。その上で、「一部の方の迷惑行為がなくならない場合には、大切な選手の安全を守るため、実施の継続が困難となってしまいます」として、以下のルールを守るように訴えた。

・ハイタッチは握手ではありませんので、選手の手を握らないでください
・選手の手を掴み引っ張るなどの行為は行わないでください
・選手を引き留める一切の行為はご遠慮ください
・ハイタッチ以外で、選手の体や所持品に触れたり引っ張らないでください

   こうした注意喚起を出した理由について、球団の広報担当者は2日夕のJ-CASTニュースの取材に、「山川選手の一件を受けての対応になります」とコメント。現時点では、今回の騒動についてこれ以上の対応を取る予定はない、とも明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中