2019年 3月 19日 (火)

「総選挙2位」須田亜香里、涙の理由 センター空席のライブで...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   AKB48グループの選抜総選挙で上位16人にランクインしたメンバーの「感謝祭」コンサートが2018年8月2日に横浜市内で開かれた。総選挙で1位だったSKE48の松井珠理奈さん(21)は体調不良で療養中で、2~16位の15人が出演した。

   総選挙の順位を反映した楽曲「センチメンタルトレイン」(9月19日発売)が1万人の観客を前に披露されたが、センターポジションは不在。終盤には、須田さんが松井さんの名前を口にし、感極まって目頭を押さえたりする場面もあった。

  • ステージ上で涙を拭うSKE48の須田亜香里さん
    ステージ上で涙を拭うSKE48の須田亜香里さん
  • 総選挙の順位を反映させた楽曲「センチメンタルトレイン」はセンターが空席のまま披露された
    総選挙の順位を反映させた楽曲「センチメンタルトレイン」はセンターが空席のまま披露された

自分の名前を名乗る演出で「松井珠理奈」

   「センチメンタルトレイン」を一般の観客の前で披露するのは初めて。センターが空席になったことで、2位のSKE48・須田亜香里さん(26)と3位のHKT48・宮脇咲良さん(20)によるダブルセンターに近い形でのパフォーマンスになった。

   須田さんは

「残念ながら1位の松井珠理奈さんは出ることはできなかったんですけども...」

と切り出し、

「みんなでこれからの48グループの勢いを感じてもらえるようなコンサートに一緒にしたいです!」

とあいさつ。コンサートでは、それぞれのメンバーのソロ曲を中心に、全28曲が披露された。終盤の楽曲「支え」では、出演者が16位から自分の名前を名乗る演出があり、須田さんが自分の名前に続いて口にしたのが「松井珠理奈」。こみ上げるものがあったのか、須田さんはステージ上で何度も涙を拭っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中