2018年 10月 24日 (水)

「熱闘甲子園」、嵐・相葉の起用が「物凄く場違い」 ...ネットで論議

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   夏の甲子園(全国高校野球選手権)を特集する毎夏恒例の「熱闘甲子園」(テレビ朝日系)で、アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀さん(35)がレギュラー起用されていることをめぐり、「物凄く場違い」などと違和感が示されている。

   相葉さんは番組の「スペシャルナビゲーター」として起用され、自身の看板コーナーも設けられている。だがインターネット上では、「主役は球児」であることから複雑な感情を抱く人が少なくない。

  • 嵐の相葉雅紀さん
    嵐の相葉雅紀さん

「今日の相葉くんのコーナーは微妙...」

   記念すべき第100回の夏の甲子園は2018年8月5日に開幕し、同日夜から「熱闘甲子園」の放送もスタート。番組には、4月に起用が発表され、テーマ曲「夏疾風(なつはやて)」を歌う「嵐」の相葉さんも出演した。「本当にずっと待ってました。春の大会が終わってからずっとです」と開幕への感慨を述べると、星稜(石川)-藤蔭(大分)戦の始球式をつとめ、ゲスト出演した松井秀喜氏には「感動しました!」と興奮気味だ。

   甲子園への熱い思いを話す相葉さんだったが、視聴者からの評判はさまざまだった。丁寧に試合経過を追い、勝った高校、負けた高校双方にスポットライトを当て、努力と涙を繊細に映し出す「硬派」な構成が浸透している同番組。一部の年を除いて基本的に芸能人は起用してこなかったこともあり、「アイドル」がスタジオ中央に立つ図には違和感もあったようだ。ツイッター上では、

「相葉くんが出るのは熱闘甲子園のテーマ曲が嵐だからだろうが物凄く場違いな気がする」
「明日からは熱闘甲子園の主役は高校球児でお願い」

といった声が少なくない。

   特に注目されたのは、「相言葉(あいことば)」という相葉さんの看板コーナー。自身が「甲子園で見て感じたことを伝える」という触れ込みで、初日は開会式の模様を追った。約2分間のVTRは、スタンドからグラウンドを眺める相葉さんのアップの時間が長く、「堂々と行進する夏の主役。脇を固める人たちがいました」といったナレーションも相葉さんの声だ。

   だが番組の放送時間は30分。限られた時間の中で、番組出演者の姿をクローズアップするようなコーナーだったため、

「球児が主役の番組なのに相葉ちゃんのコーナー作るのは意味がわからん。その分、少しでも球児取り上げてって思うわ。そのせいで相葉ちゃん悪くないのに叩かれるのは嫌だなあ」
「今日の相葉くんのコーナーは微妙...まるで相葉くんのPVかと思うような構成で、あれで選手以外の人達がいて甲子園が成り立つといわれても胸に響かないよ」
「相葉の変なコーナー作るぐらいなら敗退校のロッカー放送してよ。 主役は球児だよ」

などとする視聴者も少なくなかった。

「相葉くんには全く罪無い」

   ただ、相葉さんファンとみられるユーザーからは、

「相葉ちゃんがどれだけ野球が好きかを知らない人からしたら相葉ちゃんの言葉って薄く感じるんだ、、、」
「相葉くんには全く罪無い」
「わたしは相葉くんがナビゲーターやってくれたり嵐がテーマソング担当している影響で甲子園真面目に見始めた。たぶんそういう人他にもいると思う」

と擁護する意見も多い。

   言われているように、相葉さんは根っからの高校野球ファン。番組サイトによると、夏の甲子園には毎年球場に足を運び、いちファンとして観戦を楽しんでいる。

   もともとは祖父の影響でその魅力にめざめ、子どものころは少年野球でプレー。10年ほど前に「芸能界でやりたい仕事は?」と聞かれた時は、「『熱闘甲子園』がやりたいです」とすでに答えていたという。今回は長年の夢が叶った形だ。

   また相葉さん自身、NHKではスポーツ情報番組「グッと!スポーツ」のMCを2年以上つとめており、野球をはじめ各スポーツ界の著名人との軽妙なトークで番組を盛り上げる力も見せている。こういった一面を知る人々は、「熱闘甲子園」への起用にも肯定的な見方をしているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中