2018年 8月 19日 (日)

「触ればファウルか」計38本、浦和・槙野が判定に不満 CKほとんどがバツ

印刷

   サッカーJ1・浦和レッズのDF槙野智章(31)が、2018年8月5日の第20節・V・ファーレン長崎戦(埼玉スタジアム、0-0)後に「相手に触ればファウルか」などとして、審判の判定に苦言を呈した。

   主審をつとめたのは今村義朗氏。サポーターの間でも不可解に思う判定が多かったのか、試合後に審判団がピッチを去る際はブーイングが起きた。

  • 槙野智章(2018年6月撮影)
    槙野智章(2018年6月撮影)

GKと競り合うとファウル

   槙野は6日未明、ツイッターに、

「今日の試合を見直す。両チーム合わせてほとんどのコーナーキックが全部ファール。Jリーグでは相手に触ればファールか。ふむ。ふむ」

と投稿。ドイツ・ブンデスリーガでプレーし、ロシア・ワールドカップ(W杯)日本代表に選出された男が、皮肉を込めて判定に苦言を呈した。

   同様のことは浦和のオズワルド・オリベイラ監督も、「感じられたのはレフェリーがCKの時にリスクを避けていた、ということ。かなり多くの場面で攻撃側のファウルの笛を吹いていた」と試合後の会見で語っている。

   両チーム19個ずつ合計38個のファウルがあり、CK時も複数回取られた。特に疑問視されたのは後半35分。長崎が右CKから中央に放り込んだ瞬間にファウルを取られた。長崎FWファンマが、ゴール前の位置取りで浦和DFマウリシオを押したのが原因とみられるが、納得がいかない様子でファンマは両手を広げ、苦笑いして溜め息をついた。

   槙野自身も何度か絡んだ。前半9分の長崎のCKで、同FW鈴木武蔵にマークする槙野がついていこうとするが、2人がかりでブロックされ、長崎のファウルとなった。後半13分の浦和のCKでは、ショートコーナーからゴール前に高く上がったボールに対し、槙野がGKと競り合うとファウルを取られた。

   これらに限らない。上記の後半35分のCKになる直前のプレー。右サイドから鈴木が上げたクロスは、浦和DFマウリシオに当たったとしてCKとなったが、リプレー映像ではまったく当たっていなかった。間近で見ていた浦和GK西川周作は今村主審に詰め寄ったが、覆らなかった。

   長崎FW澤田崇に、浦和MF青木拓矢が背後からチャージしたとしてファウルを取った後半6分の場面も、疑問が残った。プレーの瞬間、今村主審はボールに背を向けていた上、リプレー映像でも澤田は先にボールに触ったようだった。青木は空振り気味になって倒れた形だ。

審判団にブーイング

   さらに後半アディショナルタイム、浦和MF宇賀神友弥が上げたクロスは、ペナルティエリア内の長崎MF飯尾竜太朗に当たってCKになったが、当たったのは走りながら振っていた左腕だった。PKが疑われる場面で、オリベイラ監督も「そういう解釈(CK)である、と言われれば受け入れるしかないが、選手たちに対しても注意せず、このアンチゲームとも言える流れにレフェリーが協力してしまったのかな、と思えてしまう」と不快感を示している。

   0-0で終えた試合後、スタジアムからは大きなブーイング。タイミングからして、ピッチを後にする審判団に向けられたものとみられる。

   冒頭の槙野の投稿に対しては、同じように複雑な思いをもっていたサポーターから、

「全く同意です、あれでは倒れた勝ち。昨日の判定は全般的にがっかりでしたね」
「どっちに対してもひどい審判すぎて、嘲笑って見るしかなかった。ファンマが怒り出すんじゃないかとも」

といった声が寄せられている。一方で、出場選手でありながらSNS上で審判に物を言ったことについては、

「プロなのに勝てないのを審判のせいにするのか。ふむふむ」
「それでも枠内シュートの多さと外した多さを反省しましょう」

などと釘を刺されてもいる。

   Jリーグでは、ロシアW杯で導入されて話題を集めた映像判定システム、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が採用されていない。ツイッター上では、「とりあえずVARの導入しよう。お互いのために」との声も漏れている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中