2018年 12月 14日 (金)

ウルトラマン、ガメラのファンからも追悼の声 津川雅彦さん死去

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   俳優の津川雅彦さんが亡くなり、多くの人から追悼の声が寄せられている。

   二枚目から悪役まで幅広い役で人気を博した津川さんは、ガメラやゴジラ、ウルトラマンなど特撮映画・テレビにも出演していた。この分野のファンや関係者らからも追悼コメントが相次いでいる。

  • 「ガメラ3 邪神(イリス)覚醒」と「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」の監督・金子修介さんのツイッターより
    「ガメラ3 邪神(イリス)覚醒」と「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」の監督・金子修介さんのツイッターより

監督「たくさん遊んでもらいました」

   2018年8月4日、俳優の津川雅彦さんが心不全のために亡くなった。78歳だった。津川さんの所属事務所「グランパパ・プロダクション」が8日、J-CASTニュースの取材に対し、明らかにした。7日深夜から8日にかけて共同通信など各メディアが報じていた。

   津川さんは1940年京都市の生まれ。祖父は日本映画の父と呼ばれた牧野省三、父も日活のスター・沢村国太郎と「映画一家」に生まれた。「狂った果実」、「夏の嵐」(いずれも56年)などの青春映画に出演。その後はジャンルにとらわれず映画、ドラマなどで活躍した。

   99年に映画「ガメラ3 邪神(イリス)覚醒」、2001年に「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」、13年には特撮ドラマ「ウルトラマンギンガ」と、この20年の間に日本を代表する特撮シリーズものに出演している。

   ガメラでは航空総隊司令役、ゴジラでは官房長官役を好演。ウルトラマンギンガでは、主人公・礼堂ヒカルの祖父で神社の神主という設定の礼堂ホツマ役を演じた。

   ガメラ、ゴジラの2作で監督を務めた金子修介さんは8日、ツイッターとフェイスブックで、

「津川雅彦さんの訃報に接し、驚きと悲しみで少し気が遠くなるような感じがしてます。何本も出て頂き、たくさん遊んでもらいました...アサヒビールピュアゴールドのCMで知り合い、学校の怪談3、ガメラ3、GMK(編注:ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃)、デスノート...ありがとうございます。楽しかったです。ご冥福をお祈りします」

と投稿した。

   ウルトラマンギンガの監督の1人である、アベユーイチさんもツイッターを更新し、

「津川雅彦さんの訃報に言葉を失いました。ウルトラマンギンガでは、大変勉強させてもらいました。一緒に仕事出来たこと、光栄でした。ありがとうございました。ギンガの時に、参考にと、いただいた2冊の本、一生大切にします。本当にお疲れ様でした。ご冥福をお祈りいたします」

と悼んだ。

   同じくウルトラマンギンガで監督を務め、漫画原作者などでも活躍する梶研吾さんもツイッターで、

「津川雅彦さんの訃報。『ウルトラマンギンガ』で御一緒させていただけたことは人生の宝の一つです。映画やドラマで演じられたキャラクターの数々は、すべてにおいて『津川節』が印象深く刻み込まれ、まさに唯一無二のものでした。これからも作品の中で再会はできますが、心からの御礼を。合掌。よい旅を」

と、コメントした。

「物語に無くてはならない一本の柱」

   ツイッターでは、特撮ファンらがこれら出演作での津川さんについて思いを語っている。

「『ウルトラマンギンガ』で主人公の祖父、礼堂ホツマを演じた姿が印象的でした。物語に無くてはならない一本の柱」
「ウルトラマンギンガやタロウを遠くから見守り導く姿は、実はあの宇宙のウルトラマンキングだったりと思ってました。その謎が永遠に明かされないと思うと悲しいです」
「ガメラ3の印象が強かったなぁ」
「ゴジラモスラキングギドラ大怪獣総攻撃での内閣官房長官役がとても印象的でした」

などのコメントが寄せられていた。

   特撮ファンにも人気がある津川さん。13年6月23日の日刊スポーツ(Web版)の記事によると、ウルトラマンギンガへの出演について、「歴史ある『ウルトラマンシリーズ』に出演できると聞き、とても光栄に思いました」とした上で、

「芸術映画の100倍ぐらい娯楽映画(作品)が好きだから」

とコメントしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中