2019年 4月 22日 (月)

東京医科大の入試不正は「女性差別」 調査委員会が会見

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   東京医科大が女子受験生に不利となる得点操作を行っていた問題で、弁護士らからなる内部調査委員会が2018年8月7日、会見を開いて不正の実態を認める報告書を公表した。

   報告書などによると、女子や浪人年数の長い男子への不利な得点調整は、遅くとも2006年から行われていた。調査委は「女性差別以外の何物でもない」「断じて許されない」と指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中