2019年 3月 21日 (木)

スズキ、マツダ、ヤマハ発動機で不適切検査

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   国土交通省は2018年8月9日、スズキ、マツダ、ヤマハ発動機3社が、排出ガスなどの抜き取り検査で不適切な取り扱いを行っていたと発表した。

   運転が測定モードに合わせられず失敗していたにも関わらず、測定を有効とした、というものだ。問題の台数は、12~18年の間にいずれも抜き取り検査したもので、ヤマハ発動機で335台中7台、マツダで1875台中72台、スズキで1万2819台中6401台だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中