2019年 9月 19日 (木)

広島対中日で誤審 四球に気づかずセカンドゴロに

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   マツダスタジアムで2018年8月9日に行われた広島東洋カープと中日ドラゴンズの試合で、球審がボールカウントを間違え、四球にもかかわらずプレーが続行され、バッターが凡退に倒れた。

   誤審が生じたのは、3回裏、広島の攻撃。鈴木誠也選手がボールカウント3ボール2ストライクとなっていた場面で、笠原祥太郎投手が投げた球はボール。四球となり鈴木選手は一塁へ進むはずが、津川球審員や鈴木選手も気づかず、結局、セカンドゴロに終わった。スポーツ紙などによると、津川球審は「僕の勘違い。気づきませんでした」と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中