2018年 9月 19日 (水)

山根前会長の妹、いいキャラだけど... カンニング竹山「連盟と関係ない」

印刷

   お笑いタレントのカンニング竹山さんが、日本ボクシング連盟会長の辞任を表明した山根明氏に関するマスコミの取材攻勢に苦言を呈した。

   2018年8月13日放送の「ビビット」(TBS系)では山根氏の「妹」を直撃したが、日本連盟とは無関係の人物。竹山さんは「山根さんが面白いキャラクターだからということで我々マスコミは追いたがるけど、(家族を)追っても何も出てこないよ」とやや呆れたようにコメントした。

  • カンニング竹山さん(2015年撮影)
    カンニング竹山さん(2015年撮影)

「推測ですよ。推測ですけど...」

   「日本ボクシングを再興する会」が提出した告発状がきっかけで辞任を表明した山根氏について、19歳年下の妹は「ビビット」で、「兄の方にも、あちら(再興する会)が出した以上のもの、同じようなものがあるんじゃないかと。推測ですよ。推測ですけどメール文であったり」と反撃の可能性を示唆。連日の兄の発言について「本来はハラハラドキドキ悲しくなるはずの時なのに、笑ってしまうんですよね。ふふふ。どの漫才よりも本当に心の底から転げ回ってます。最高のキャラクターだと思います」と笑い、「カリスマだなと思います。ゴッドファーザーですよね、彼は」と評した。

   ただスタジオのカンニング竹山さんは、こうした妹への直撃について、

「全然関係ないでしょう。山根さんは辞任したんだから、問題なのは助成金(不正流用)問題。なのに、山根さんのキャラクターがおかしいからって...、山根さんがマスコミに『うるさい』と言ってましたけど、マスコミうるさいよね。おじさんが面白いから追ってるだけで」

と呆れたように話した。山根氏は12日も大阪で報道陣に囲まれると、「辞任してるから。うるさい。もういい。あっちいけ。報道関係全部敵や」と露骨に不快感を示していた。

   妹の話の内容も、竹山さんは「自分で『推測』と言ってるんだから、オバサンの推測聞いてもしょうがないでしょう」と苦言。さらに、

「考えてみてください。山根さんが自分のおじいちゃんだったら家族はまあ楽しいよ。家族は仲良いんですよ。でも(家族である)妹さんは、日本ボクシング連盟と何も関係ない。山根さんは一番面白いキャラクターだから我々マスコミは追いたがるけど、(家族を)追っても何も出てこないよ」

と、連盟と無関係の妹の発言を真に受けるかのような姿勢に、疑問を感じたようだった。

「竹山さんが正論言ってる」

   これにスタジオの元NHKアナウンサー・堀尾正明氏が「ということは、単に妹さんは『出たがり屋』の人だってことですか?」と身を乗り出して聞くと、竹山さんは、

「そうじゃないです。出たがり屋じゃなくて、(妹は)聞かれたら家族(山根氏)を守らないといけない。僕も家族だったら同じようなことをするかもしれない。でも、(妹の言葉を)鵜呑みにするのは、連盟とは関係ない人なんだから」

と山根氏の妹の心情を推察。その上で

「山根さんが言っていた『マスコミうるさいねん』というのが答えだと思います。僕から見てもマスコミうるさいですよ、ガンガン来られると」

と、山根氏の態度に一定の理解を示した。

   これまで山根氏の「キャラクター」が様々な角度から伝えられてきた中で、これに釘を刺したような竹山さんの意見はインターネット上でも反響を呼んだ。ツイッターでは、

「山根会長の妹まででてきて。全く関係ない。竹山さんが正論言ってる」
「カンニング竹山の言ってることすべてに同意する なんでこんなにずっと引きずってんの もう辞任したから取り上げなくてよくね?」

と賛同の声が多くあがったが、一方で、

「なんかごちゃごちゃ言ってるけど、山根会長の件終わりではなくないか?」
「山根会長は 辞めないかもしれないのですから これは何処までも追いかけて 辞めさせるべきです」

と反発する向きもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中