2018年 11月 18日 (日)

元サザン大森、ベスト盤から「クレジットが消えた」? 理由を事務所に聞くと...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ギタリストの大森隆志さんがフェイスブックで、かつて所属していたバンド「サザンオールスターズ(以下、サザン)」が発売したCDのクレジットに自身の名前がないことに疑問を呈した。

   大森さんが指摘したCDは2018年8月1日に発売されたベストアルバム「海のOh,Yeah!!」。大森さんが脱退した01年までの楽曲も複数収録されている。

  • 大森さんのフェイスブックより(一部加工)
    大森さんのフェイスブックより(一部加工)

在籍中の「TSUNAMI」など収録も...

   11日、「やったー 海のオヤ~が届きました!! 嬉しいなぁーー」のコメントと共に、ヤマト運輸の宅急便伝票の写真とサザンのベストアルバム「海のOh,Yeah!!」の写真を投稿した。伝票を見ると、送り元はサザンの所属事務所であるアミューズからだ。

   続いて、ベストアルバムのクレジットについて、こうコメントした。

「あれ? 今まであった俺のクレジットが消えている。。 何で? 不思議だなぁ。 アミューズに聞いてみよ」

   1日に発売された「海のOh,Yeah!!」には、「TSUNAMI」や「HOTEL PACIFIC」、「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」など大森さんが在籍していた01年までの楽曲が11曲収録されている。しかし、ブックレットの最後のページにある参加ミュージシャンやスタッフが明記されたクレジット欄に大森さんの名前はなかった。

   大森さん脱退後の05年に「勝手にシンドバッド」から「TSUNAMI」までのシングル、08年に「熱い胸さわぎ」から「キラーストリート」までのオリジナル・アルバムの再発売があった。これらのCDを確認すると、脱退前(アルバム「キラーストリート」以外)の作品に限り、サザンのメンバーとして表記されている。

既発曲は「作詞・作曲・編曲」のみクレジット

   J-CASTニュースは18年8月14日、アミューズの担当者に取材を行った。

   「海のOh,Yeah!!」に大森さんのクレジットが載らなかった理由について聞くと、「企画アルバム」という性質もあるとしつつ、クレジット表記については3つの決まり事があるとした。

(1) 既発曲については作詞・作曲・編曲のみ
(2) 新曲については作詞・作曲・編曲のほか、ゲストミュージシャンらの名前も表記
(3) バンドメンバーやスタッフについては現在、在籍している人のみ

   大森さんは既発曲のみの参加で、個人の名義で作詞・作曲・編曲で関わった楽曲がないために、表記される3つの決まり事には当てはまらない。

   一方で、大森さんの名前が入っていた05年のシングル、08年のアルバムの再発売についても聞いた。こちらは「再発売」であるため、

「当時と同じものを刷っているため、大森さんの名前が入る」

とのことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中