2019年 10月 17日 (木)

チェブラーシカ原作者死去 キャラは大きな耳の「ばったり倒れ屋さん」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   旧ソ連の人形アニメ「チェブラーシカ」の原作者のエドゥアルド・ウスペンスキー氏が2018年8月14日(現地時間)にモスクワ郊外の自宅で死去した。80歳だった。各メディアが報じた。

   チェブラーシカは、大きな耳を持つ小さな架空の生き物。1966年刊の絵本に登場し、のち人形アニメ化された。起こしてもすぐに倒れてしまうことから、ロシア語で「ばったり倒れ屋さん」を意味する。

   日本でも人気を集め、2001年には短編人形アニメが劇場公開され、ロングランヒットを記録した。現在も、キャラクターを紹介する日本語公式サイトがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中