2018年 11月 15日 (木)

チェブラーシカ原作者死去 キャラは大きな耳の「ばったり倒れ屋さん」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   旧ソ連の人形アニメ「チェブラーシカ」の原作者のエドゥアルド・ウスペンスキー氏が2018年8月14日(現地時間)にモスクワ郊外の自宅で死去した。80歳だった。各メディアが報じた。

   チェブラーシカは、大きな耳を持つ小さな架空の生き物。1966年刊の絵本に登場し、のち人形アニメ化された。起こしてもすぐに倒れてしまうことから、ロシア語で「ばったり倒れ屋さん」を意味する。

   日本でも人気を集め、2001年には短編人形アニメが劇場公開され、ロングランヒットを記録した。現在も、キャラクターを紹介する日本語公式サイトがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中