2019年 1月 17日 (木)

甲子園で「オリジナル応援歌」に反響 「球場を飲み込んだ」「めっちゃカッコイイ!」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   夏の甲子園に初出場した奈良大学附属高校のオリジナル応援曲「青のプライド」が、カッコいいとネット上で反響を集めている。

   プロ野球ロッテの応援歌で知られるジントシオさん(38)の作曲で、奈良大附は2回戦で敗れたものの、また聞きたいとの声が寄せられている。

  • ジントシオさんも感激のツイート
    ジントシオさんも感激のツイート

奈良大附の野球部員と打ち合わせて作詞・作曲

   ブラスバンドの演奏が重厚なイメージで始まり、サビに入ると、手拍子とともに「おおおお...」の大合唱になる。

   青のプライドは、奈良大附に得点機などが回ってくると演奏されるチャンステーマだ。

   朝日新聞の8月10日付ウェブ版記事によると、ジンさんが17年夏に初出場の早稲田佐賀にオリジナル曲を提供したが、奈良大附が18年夏の奈良大会でこの曲を「耳コピ」して演奏しているのを知って、楽譜を提供した。そして、野球部員らと話をするうちに別のオリジナル曲を作る方向になり、部員らと打ち合わせしながら青のプライドを作詞・作曲した。曲名は、スクールカラーにちなんだという。

   2018年8月15日の日大三(西東京)との2回戦でも披露され、総勢121人の吹奏楽隊が打ち鳴らすと、応援のボルテージは上がった。

敗退したが「来年も聞きたいです」

   結果は、4対8で敗れてしまったが、ツイッター上では、トレンド入りするほどの反響を呼んでいる。

   「青のプライドが球場を飲み込んだ」「めっちゃカッコイイ!」「ジンさんええ曲作ってるなー」「選抜や来年また青のプライドを響かせて欲しい」...

   ジントシオさんも、「青のプライドキター!」とツイッターで喜び、試合後も、「今回は楽曲提供の機会をいただきありがとうございました。ぜひまた来年も甲子園で聞きたいです」と書いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中