2018年 11月 16日 (金)

リポーター戸惑った加藤浩次の「無茶ぶり」 2歳児現場で「沢の水飲んで」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2018年8月16日の「スッキリ」(日テレ系)で、司会の加藤浩次さん(49)が取材中のリポーターに「無茶ぶり」とも言える要求をする一幕があった。

   この日の番組では、山口県周防大島町で行方不明だった2歳の男児が、約3日ぶりに保護された一件を冒頭から特集。発見現場近くの山中を阿部祐二リポーター(60)が訪れ、現地の様子を細かく紹介していたのだが......。

  • 「スッキリ」公式サイトより
    「スッキリ」公式サイトより

「ちょっと飲んでみて下さいよ」

   男児が行方不明になったのは12日午前。帰省先の曽祖父宅から徒歩で外出した際に家族とはぐれ、居場所が分からなくなった。その後、15日朝になって捜索ボランティアらにより山中で発見、無事に保護された。

   約3日にわたるサバイバル劇。「スッキリ」の特集では、水分補給のために山中を流れる沢の水を飲んでいたのではないか、という可能性を伝えていた。実際、発見時の男児は水場の近くにいたという。

   こうした情報を紹介したうえで、番組では阿部リポーターが現地の様子を紹介。男児が水を飲んだ可能性がある沢を訪れた際には、岩場から湧き出る水を空のペットボトルに入れて、

「地元の方に話をうかがえば、これ、飲めるほど綺麗だというんですね」

と伝えていた。

   スタジオの加藤さんは、「水って飲めるんですか阿部さん。そこの沢の水は」と質問。これに阿部リポーターが、「地元の方は『飲むこともあるよ』と言われていました。それほど綺麗な水です」と説明すると、加藤さんは間髪入れずに、

「阿部さん、ちょっと飲んでみて下さいよ」

と要求したのだ。

 

   突然の「無茶ぶり」に、阿部リポーターは少し面食らった様子で「検査通ってるかどうか分からないんで」。その上で、

「(地元の人間も)『飲むこともあるよ』っていうくらいですね。ですから、これ認められてるとか、そういうことではないんですね」

とも続け、やんわりと沢の水を飲むことを拒否していた。

一方、「とくダネ!」では...

   こうした2人のやり取りは、視聴者の間でちょっとした話題に。ツイッターやネット掲示板には、「無茶振りすんなw」「阿部を試す加藤ww」などと面白がる反応が続出。その半面、

「いやいや緊急事態じゃないと飲んじゃダメだから加藤」
「生水はダメだろ、飲ませようとするなよ」

などと、加藤さんのフリを問題視するユーザーの姿も目立っていた。

   ただ一方、同日放送の「とくダネ!」(フジ系)では、同じ現場を取材していた岸本哲也リポーター(46)が、誰に促されるわけでもなく「沢の水を飲んでみます」と宣言。岩場から手の平で水をすくい、そのままゴクリと飲み干すと、

「あの、全く普通の水と同じように飲めるんですけど...、ちょっと冷たいですね」

との感想を漏らしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中